ジェーピーエヌ債権回収は、一応、国に認められた「借金取り立て業者」の1つだ。

銀行や信用金庫カードローンなどを滞納した人へ何度も何度も督促状を送りつけて、ときには、裁判をしてまでも借金の取り立てを行うことを業務としている。

 

ジェーピーエヌ債権回収から受託通知書が届く

 

もしもあなたが銀行カードローンを滞納しつづけると、だいたい3か月経過以降に銀行が回収を諦めることになる。すると、「受託通知書」という、債権回収業者から通知があなた宛てに届くだろう。

受託通知書とは、「これから、銀行に代わって、あなたの借金を回収するからよろしくお願いします!」というご挨拶のようなもので、

書いてある内容は、

あなたの借金額、連絡先などの個人情報である。

 

このハガキを見て、うっかり電話をかけてしまうと、本人確認が行われ、以後、その番号に電話もかかってくるようになる。業者に誘導されて借金を認めたような話をしてしまうと、時効がストップしてしまい、借金がチャラになる可能性も無くなってしまう。時効の援用を狙いたいならば絶対に電話連絡をしてはいけない。

 

2週間、無視を続けると、次々に請求書が届く

 

ジェーピーエヌ債権回収(025-210-3329)に電話をせず2週間放置していると、こんどは請求書が自宅に届くようになる。

内容は、「金払え」、「困っているなら電話しろ!」の2点である。

 

さらに2週間無視すると、未払金の支払い請求が届きます

さらに2週間・・・

2週間ごとに、バカの一つ覚えのように督促状を送ってきます。

 

半年経過すると

 

ジェーピーエヌ債権回収からは2週間おきに、5通から10通くらい督促状が届くが、そのうちパタっと届かなくなる。

反応がない滞納者には2週間ごとの督促をやめて、期間を長引かせるようだ。

そりゃそうです、反応がない滞納者に何度督促しても借金を回収することはできないからです。

 

ジェーピーエヌ債権回収から督促状が届いたら、とりあえず半年無視しても良いだろう。督促ハガキも1か月おきとか3か月おきになるので、気が楽になる。督促電話もほとんどかからなくなるぞ。

裁判にしてくるという情報もあまり効かないから、時効成立しかやすい業者かもしれないな。

※時効が成立している可能性もあるので、絶対に業者に連絡せず、弁護士などの専門家に無料相談にいっておいたほうが良いでしょう