レイクの滞納者への追い込みは面白いもので、あきらかにバカ相手に回収を狙っている雰囲気を漂わせている。

たとえば郵送で和解提案書を送ってくるのだが、その内容が面白い。

 

代位弁済額30万円
遅延損害金10万円

合計40万円の支払いのところ、今回は「38万円」の支払いで終わりにしませんか?

といったふざけた内容で提案をしてくるケースがある。

 

40万円も払えない人が、

たった2万円を引いた38万円を一括返済できるわけがないだろう・・・。

 

返済能力のない相手に和解提案をするのならば、

40万円のところ、なんと5万円の返済で終わりにしましょう!

くらいのインパクトが欲しいものである。