債権回収会社は、借金滞納者に対して、とりあえずは裁判を起こして、銀行口座の差押えまではしてくる。

しかしながら、滞納者が銀行口座にお金などあるわけがないので、結局は、取下げすることになり、 時効がストップすることはなくなる。

昔の判例では、差し押さえ後に取下げをしても時効が継続されるのか?それともストップしてしまうのか?2つに分かれているようなのだが、つまりは、法の解釈でははっきりと決まっていないので、最終的には債権者と滞納者が裁判で争うことになるということだ。

そんな面倒なことを債権者がしてくることはないので、銀行口座の残高が0円ならば、いさぎよく差し押さえを取下げてくるだろう。

借金滞納くらいで、死ぬことを考えてはいけないぞ。

まじで。