俺は9社から借金をしているが、すべての時効を迎えることができれば成功率は100%となる。コレばっかりは未来のことなので今の時点では分からない。

 

※2018年現在、俺の時効成立が危うくなっているぞ! 【必読 最新情報】
> 借金の踏み倒し計画が実現不可能な可能性が高まってきた。

 

 

9社からも借金をしていると、裁判をしてくる業者としてこない業者、レイクのように電話攻撃がひどい業者、郵送ばかりしてくるイオン、督促担当がチャラいやつが多い楽天など、それぞれ特徴があり、すべての業者から時効を成立させるためにはコツがいる。

 

基本的には時効を成立させるためには、最後に借りた日または返した日から5年間が経過すれば100%時効は成立する。

ただ、余計なことをしてしまうと5年経過しても失敗に終わる。

 

確率について弁護士に聞いてみたら、「正確な確率はわからないけれど、意外と時効になっているケースは多いですよ」と心強い言葉をもらった事があるが、自己破産申請件数のように正確な統計が公に発表されているわけではないので、あくまでも弁護士によっては見解が違うかもしれない。

 

俺が出来ることは、自ら時効を失敗させないように知識を蓄えて、ミスを減らすこと。これしかないと思っている。時効が失敗するケースは、明らかに勉強不足であり、知識さえ得ることができれば失敗は防げるものである。

 

時効が100%失敗してしまうケース

 

  • 時効が5年で成立するはずだったが、知らぬ間に裁判されていた。
  • 督促状にビビって折り返しの電話をしてしまった
  • 3000円だけ返済してしまった
  • 自宅訪問されて、オドオドして余計なことを話してしまった

 

勝手に裁判されて、負けている・・

 

督促から逃れるために、電話番号を変えたり、住民票を変更しないで引っ越しする奴が多いが、督促状が届かない上に電話もつながらないとなると、裁判を起こされる場合がある。もちろん滞納者の最新の住所には届かないから、知らない間に裁判が行われていて判決が出てしまうことになる。すると、判決が出てからさらに10年間も時効が延びることになる。

自分が裁判されているのかを知りたい場合は、裁判所に出向いて事件番号を伝えないといけないのだが、その事件番号を知ることができないのだから、裁判されているかは調べようがない。

 

脅しの文章にビビってしまう・・

 

督促状に「法的手続きをとるぞ!」と書いてあれば誰でもビビってしまうもの。もしも本当に裁判されたら100%負けるから、債務名義というのを取られてしまい、そこから時効が10年間も延びてしまうのでどうしても裁判は避けたいところ。だからと言って折り返し電話をしてしまうと、借金を認めてしまうような発言をうっかりしてしまうことになる。録音されているから、アウト!時効が無効になる。

※自分の借金を認めることを債務の承認と言って、時効がそこでストップしてしまう。

 

たまに、督促状の中身に「3000円でもいいからお振込みください」と小額の振込用紙が届くことがある。督促されるのが面倒だからと、少しならいいかと返済してしまうとアウト!1円でも返済した時点で時効が無効。三井住友カードローンやイオン系なんかは、少額返済を推奨しては時効をストップさせようとしてくる悪い業者である。

 

自宅訪問は、おしっこがちびるくらい驚くだろう。

 

玄関開けたら、「借金の契約書のコピー」を見せ付けられ、そこには本人確認書類の、顔写真付き運転免許証のコピーもある。他人のふりはできない。

本人であることは認めて、借金は認めないという 難しい対応が迫られることになる。

玄関先で話をしていれば、同居している家族にも怪しまれることだろう。そんな緊迫した状況の中、「家族がいるんで帰ってもらえますか」と言っても、債権回収担当者は帰るわけがなく、「返済計画を提案」してくることだろう。

「とりあえず本日は1000円でもいいんで返済してもらえますか?」と言われ、財布の中から1000円を取り出し返済してしまったらアウト!どんな状況でも!借金は認めてはいけないのだ。※債務の承認

 

ちなみに、弁護士に相談、依頼している場合は、自宅訪問されたら、「弁護士に相談するから今日は帰って」と言い訳をしても良いだろう。うっかりペラペラしゃべって、自ら時効を失敗させてしまうようなおろかな結果にはならなくなる。

 

時効に失敗したらどうなる?

 

時効に失敗すると、時効成立まで5年または10年間もの長い期間、時効を待つことになる。遅延損害金も莫大な金額になっていて、とうてい返済できるわけがないだろう。

また、いつかは勤務先がバレてしまい、給料から少しずつ天引きされるという地獄が待っている。時効失敗したがために貧乏生活が待っている。

宝くじに当たっても、親族で相続が発生して大金を手にしても、差し押さえられて没収!なんてことも。

時効に失敗したら、和解交渉をしたほうが良い。遅延損害金や将来利息をカットしていもらって返済を楽にすることも必要だ。

まぁ、たいていは自己破産を選択すると思うが・・・・。

 

時効成立までにしておくこと。

細かなメモをとっておくと良い。

最後に電話がかかってきた日や郵便物が届いた日などを細かくメモをしておくと良い。

そうすれば、時効が成立する日をある程度予測することができる。

 

また、早めに弁護士に相談しておくのも1つの方法だ。

無駄に時効をするよりも、早期解決できる場合もある。差押えされて慌てるよりも効果的だろう。

 

理想は、気が付いた頃には時効だった!が一番

俺は時効を狙っているが、毎日毎日、時効まであと何日!と気にしているわけではない。そんなことをしていたら時効が失敗したときに相当落ち込むだろ?だから気にしないのが一番。

時効を成功確率をアップさせるためには、気にしないこと。ただし、裁判にされた場合や、自宅訪問された場合など、気にしないといけないこともあるので、完全に無関心ではダメ。

 

時効の成功率は、本人しだいで50%以上に跳ね上がることができるだろう。弁護士などの専門家に相談もしておけばさらに成功率は上がる。