任意整理で借金を解決する場合は、

3年、又は5年間の返済期間で計画を立てることが多いです。

借金の総額にもよりますが、3年で無理なら5年で返済計画を立ててみて、返済が厳しくなるようならば交渉がまとまらない可能性が高いです。

任意整理となると、新規の借入れは出来なくなくなるので、毎月の返済額は働くなりして稼ぐ必要があります。

 

任意整理中の毎月の返済額は?

・借金総額100万円の場合、

3年36回払いなら2万7000円

5年間60回払いなら1万6000円

となります。

 

5年60回払いだと毎月の返済額は減りますが、複数から借金をしていている場合、1社あたりの返済額は小さくても合計してみると結構大きな金額になってしまいます。総合的に判断して毎月の返済がいずれ苦しくなる場合は、そもそも任意整理での解決方法は無理となります。

また、10年以上の返済期間を認めてくれる債権者は、ほぼありません、先行きが見えないからですね。

 

> 任意整理はどんな人が向いているのか?