消費者金融からの借金が時効かもしれないので、相手に時効の主張をするために書類を送ったはいいが、実は時効まであと1年残っていたような場合、果たして時効が失敗に終わってしまうのか?気になるところ。

 

この場合、貸し手側の対応によって変わる。

 

例えば、こいつからは回収が出来ないと判断されたら時効まであと1年残っていようが、厳しい取り立てはしない方針でいてくれるかもしれないし、

「こいつバカか?時効成立などするわけないだろ」と逆に攻めてこられる可能性がある。

だから、素人判断はいけない。

 

たかが、時効の援用通知を送るだけとはいえ、専門家に相談したほうが身のためだ。