借金は本人だけに返済義務があります。たとえば夫が債務整理をした場合、夫以外の妻や子供には影響が及ぶことはありません。債務整理をしたからと言って、代わりに妻に返済を求める業者がいたら、それはヤミ金しかありえないので無視して構いません。

ただ、自己破産の場合は事情が違います。自己破産は、裁判所が家計全体を見ます。夫が自己破産する場合でも妻の預金通帳で不振なお金の動きはないかチェックされるので、影響がないとは言い切れません。

自己破産を家族に内緒ですることは難易度が高いですが、任意整理の場合は、家族に何も知らせずに弁護士がすべて交渉を行ってくれるのでバレる可能性は極めて低いです。任意整理後は、本人はブラックリストに載りますが、だからと言って妻もブラックリストに載ってしまうようなことはありません。

自己破産の場合は、持ち家や、高額な生命保険などは処分されてしまいます。今まで築きあげてきた財産を失うことになります。ですから自己破産の場合は、妻にも影響が大きく出るということです。

自己破産はいやだけど、任意整理ならしてみたいというのが日本人の多くの人が持っている感想です。