ネット銀行は差押されないのか?

ネット銀行と言えば、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行やソニー銀行やセブン銀行などがありますが、

一昔まえまではネット銀行は差し押さえられないという情報が出回っていました。

 

ただ、最近では、そんなネット銀行でも差し押さえられてしまうのだと言う。

ネット銀行側もしぶしぶ情報開示に乗り出してきた証拠でもある。

 

差し押さえられると、

「 サシオサエ ○○チサイ」という名目で残高が0円になってしまう。

その後の銀行取引は可能だが、預けていたお金はなくなる。

 

ネット銀行が普及していなかった時代は、多くの顧客がネット上の銀行に不安を感じていた。だから個人情報を絶対にもらさないという対策が必要だった。しかし、ここまでネット銀行が普及しだすとネットだから不安だという人は減っていることになる。そのタイミングで情報開示をするようになった。

 

ネット銀行でも差し押さえられてしまうとなると、残る方法は1つ。他人名義で貯めておくか、自分の自宅や住所からほど遠い場所で銀行口座を開設してそこに貯めることくらいしかなくなる。

もしくは、銀行口座は利用せずに自宅で保管しておく必要もある。

ただ、差押を免れたいために意図的に資産を隠す行為は犯罪に当たりますので、くれぐれも注意してもらいたい。