法テラスは弁護士・司法書士報酬などを支払う余裕がない人に対して、その費用を立て替える制度。
法テラスは一定額未満の収入で資産もない人向けの機関なので、善意に相談にのってくれます。

 

そんな法テラスに、時効を狙っていると伝えるとどうなるのでしょうか?

まず、時効が成立しているかを簡単に調査されます。

あなたが、最後に借りた日、又は最後に返済をした日を確認して、一番遅い日から5年経過していないかを確認します。

さらに、5年間のあいだに、督促電話に出てしまい借金を認めてしまったことはないのか?裁判所からの通知はこなかったのか?

いろいろ聞かれます。

 

その結果、すでに時効が成立している場合もありますので、

あとは、弁護士に正式に依頼をして、時効の主張を行います。

 

手持ちのお金がなくても、分割払いもできますから安心です。

 

ただ、時効が成立しているかどうかは、もっと詳細に調査をしないと失敗に終わるケースもあるため、

無料相談だけでは、時効で攻めてたほうがいいのか分からないと思っていたほうが良いでしょう。

 

あくまでも、一人で悩んでいるくらいならば、相談してみるのも良いです。

もしかしたら、「時効なんて無駄、無理!」とはっきり言われるかもしれません。

たしかに、時効よりも、任意整理したり、自己破産してしまったほうが、確実に借金も整理され、人生をやりなすために、早く出発点に立てますので、何が何でも時効を狙うという、俺みたいなバカな考えはやめてほうが良い。

借金を整理して助かっている人が、もっとネット上に現れてくれればいいのだが、みんな恥ずかしくてネット社会には出てこないのだ。