無職でもアルバイトでも弁護士に任意整理をお願いすることは出来ますが、1つだけ断られるケースがあります。

 

それは、サラ金から借りている人です。

 

また、任意整理を依頼したあとも、勝手にサラ金から借りていたことが発覚すると、弁護士から辞任を突きつけられる可能性もあります。

 

つまりは、サラ金には一切関与しない弁護士が一定の割合で存在するのです。

 

あとあと面倒にならないように、サラ金で借りているならば正直に伝えたうえで依頼をお願いしましょう。
依頼後に、サラ金で借りてしまったら、辞任されることも覚悟しておくべきです。

 

まだサラ金に手をだしていない人で、借金解決をめざすなら、とにかく弁護士相談を優先してください。サラ金に手を出してしまうと、弁護士でも助けられない可能性が高まるのです。

 

例えば、自己破産をして法的に借金が消えたとしても、悪質なサラ金にとって関係ありません。あなたが自己破産をしようが、どんな方法を使ってでも借金の返済を求めてくるでしょう。