あなただけでなく、借金があることを家族に隠している人って多いのですが、隠し続けられる人とバレてしまう人の決定的な差があります。

圧倒的に家族にバレる理由は、督促電話を無視し続けて督促ハガキが自宅に届くケースです。

 

督促電話は、返済日当日と翌日には必ずかかってきます。

債権者によりますが、督促電話を無視していると1週間もすれば自宅に督促ハガキが届きます。

 

 

督促ハガキは袋とじになっていて、めくらないと見えないようになっていますが、

家族以外の人が受け取れば、

差出人が、レイクやクレディセゾン、イオンクレジットなどと、はっきり金貸し名義になっているので怪しまれます。

うっかり本人以外が開封してしまうケースも少なくありません。

 

 

督促ハガキを家族に見られて疑われてしまった場合は、

「昔、カードローンの契約だけしていて借りてはいない、ただ営業のハガキだよ」とでも言っておけばよいでしょうが

よほど鈍感でないかぎり、家族は何かおかしいと察します。

 

 

では、

督促電話にしっかり出ればどうなるのか?

「返済日の約束」をさせられます

仮に1週間後に支払うとあなたが約束したとしましょう。そうすれば1週間の間は督促電話もハガキも届きません。

※返済日の約束をした場合は返済日まで督促をしてはいけないというルールがあるようです。

 

そんなルールがあるのならば1ヵ月先くらいまで返済日を遅らせたいと思うかもしれませんが、1ヶ月も督促ができないとなると債権者も困るので実際は1,2週間先が限界となるでしょう。

 

返済を約束した日までに返済できなかった場合は?

返済日に入金が確認されないと必ず電話がかかってきます。

約束した返済日にあなたが督促電話に出ないとなると債権者は次の手にでます。

 

まず、今までは携帯に電話をかけていたのが

1、携帯 2、自宅 3、会社 の順番に電話をかけます

 

携帯以外に電話をかけてくる場合は、必ず個人を名乗ります。

たとえば「私佐藤と申します、太郎さんはいらっしゃいますか?」と言ってきます。

決して、「レイクの佐藤です」とは言ってきません。

 

自宅の場合、家族が出ても借金したことはバレませんが、

今後、佐藤さんから何度も電話がかかってくることになるので家族は怪しむでしょう。

また、家族が電話に出ない場合は高確率で留守番電話に吹き込んできます。

 

会社に電話をかけてくる場合も個人名を名乗りますが何度もかけてくると会社の人間もあやしむことでしょう。

 

それでも電話に出ないと、

督促ハガキ、又は自宅訪問となります。※会社訪問もあります。

電話に出ないと、家族に上手な言い訳が出来ないかぎり、

しつこい督促が3ヶ月は続くのでたいていはバレます。

 

借金は魔物です。

まじめに毎月コツコツ返済を続けていても、なかなか元本が減りません。ボーナスがたっぷり出る会社ならば良いでしょうか、日本の景気は悪いのでボーナスカットの会社のほうが圧倒的に多いでしょう。毎月少しずつ返済することさえ苦しくなってしまいます。

 

いっそのこと任意整理でもして借金を整理したいけれど、

せっかく今日まで内緒にしていたのに家族にバレるのだけは嫌だ!って思っている人は多いものです。

出来ることならば最後までバレないでいたいものですね。

 

絶対に家族にバレたくないのならば、

無理してでも返済を続けるか、

弁護士にお願いをするしかありません。弁護士にお願いをすると、債権者による以下の3つの行動が禁止になります

 

 

・督促電話

・督促ハガキ

・自宅訪問

 

弁護士に依頼すれば、鬼に金棒です。借金がなくなったかのように債権者からの音沙汰がなくなりますので精神的に「ホ」っとできます。弁護士の先生は借金整理に強い先生と弱い先生がいるので、弁護士選びに失敗さえしなければ、あとは料金さえ条件が合えば早めに依頼してしまうことが、家族にバレないですむ秘訣です。