自己破産を弁護士に頼むと、最低でも30万円は弁護士費用としてかかってしまいます。だから30万円の出費をケチることを考えて自分で自己破産申請をしてしまおうと考える人は少なくないでしょう。

結論から先に言えば、自分で自己破産申請をすると逆に損してしまうケースのほうが圧倒的に多いようです。

・そもそも自己破産しないケースのほうが良いこともある

借金の整理の方法は自己破産だけではありません、弁護士に依頼すれば、自己破産以外の最適な借金の整理法を教えてくれるケースがあります。

・管財事件になれば20万円から50万円の出費がかかる

個人で自己破産申請をしても、書類に不備があったり、事前準備ができず裁判所から怪しまれ、管財事件になってしまったら破産管財人が付くようになってしまいます。すると最低でも20万から50万円は個人負担になってしまいます。もしも弁護士に依頼していていたらかからなかったコストになります。

・書類作成に莫大な時間がかかる

自己破産申請は紙切れ1枚で申請できるのでなく、膨大な添付書類を提出する必要があります。そのすべてを作成するにはインターネット等を利用して0から調べないといけません。また、法律用語は一般人には難しいことばかりで理解するもの困難を生じます。書式も決められており、書類に不備があると再提出を求められたりします。

・免責が下りないと意味がない

書類はバッチリできたとしても裁判官からの質疑応答で、おどおどしていたり、はっきりとした返事ができないばかりに免責が下りないケースもあるようです。

 

・結論

自己破産申請手続きは、弁護士に依頼せず何とか頑張って自分で行うこともできますが、結局、同時廃止で処理されず管財事件となってしまい、破産管財人の報酬を負担することになってしまったり、最終的に免責がおりずに借金がチャラにならずに終わるという最悪のケースにもなりかねません。

たかが30万円の弁護士費用をケチったばっかりに時間もお金も奪われてしまいます。

弁護士に依頼した場合は、最短で自己破産処理が進んでいきます。あなたは特別難しい作業をすることもなく、借金がチャラになるのを待つだけですので、こんなにありがたいことはありません。