同時廃止ではなくて、管財事件になってしまった場合は、その後の流れや料金などが同時廃止の場合と変わってきてしまいます。

同時廃止にはなくて管財事件にはあるもの

・同時廃止の場合は期間は短く管財事件は長くなる

・管財事件になると、破産管財人に払う報酬(20万から50万円)を「予納金」として収める必要がある。

つまり、管財事件になってしまうと、かかるお金と期間が増えてしまうということです。

さらに、弁護士費用も30~40万円かかってしまうため、自己破産するだけでも50~90万円近くコストがかかってしまう計算になります。

それでも借金がチャラになるなら良いのですが、ここまで費用をかけて自己破産が失敗に終わったら最悪ですね。

 

期間の違い

同時廃止の場合は、概ね3ヶ月から半年程度

管財事件の場合は、概ね半年から1年以上かかるケースも

料金の違い

同時廃止の場合は、概ね50万円程度

管財事件の場合は、概ね90万円程度