俺の自宅には、債権者から「和解提案」が記載された通知がよく届く。

文面は各社ほぼ同じでテンプレート化されている。

内容は、

「毎度お引き立ていただき、誠にありがとうございます。早速ですが平成○年○月○日に取得したしました求償権にもとづく求償金残高のお支払いにつきましてご入金がまだされておりません」

から始まり、

「お客様におかれましては何らかのご事情があり、期日を過ぎたこととお察しいたします。ご返済の再開をお願いするにあたりまして、早期の解決を図りたく、「和解案」をご提示いたします。なお、下記の和解案の有効期限につきましては、平成○年○月○日ま限りとさせていただきます。

で締めくくられる。

 

有効期限はだいたい2週間の期限が設けられていることが多い

 

和解案の内容は、遅延利息を免除しますよ!と提示してくるだけであって、元本を減額してくれるわけではない。つまりですね、債権者は原本だけ返してもらえればよいと考えているということです。だから無計画にダラダラ少しずつ返済するよりもまとまったお金ができたときに和解案にのっかって返済したほうが良い。

 

将来利息もカットされる!

和解案には、遅延利息のほかにも、将来的に発生する「将来利息のカット」も提示されることが多い。

 

和解案の本当の目的!

延滞利息は何年も放置していると元本を超えるほど大きな金額になってしまう。和解案はそんな遅延利息をわざわざ債権者のほうから免除してくれると言ってくるので一瞬「ありがたい」と思ってしまう人もいる。ところが、和解案にサインをしてしまうとそこで時効がストップする。4年11ヶ月督促ハガキを無視してつづけても、和解案に同意してしまった瞬間4年11ヶ月が無駄になる!だから、素人判断で和解案にのっかってはいけない。

債権者のほうから言ってくる和解案なんか鼻くそレベル!理想な和解案は借金のチャラ、または5分の1の減額だ。それが可能なのが日本の法律であって、日本は借金をしている人間にとっても優しいのだ。だからこんな俺でも生活ができているのだ。

 

時効を狙うなら電話もしてはいけない

和解案が届くいた場合、質問したいことも出てくるだろう。だからと言って気軽に電話をしてはいけない。

電話をしてしまうと、何気ない発言で言質(げんしち)を取られてしまう可能性がある。

名前、住所、現在の勤務先などの最新の個人情報や、借金を認める発言を受話器越しにしてしまうと、それだけで時効がストップして振り出しに戻ってしまう。

勤務先がバレれば、給与の差し押さえをされやすくなるし、結局、和解案に同意をしないことを決めたとしても、圧倒的に不利になってしまう。

だから、気軽に電話をしたり、和解案にサインして返信してはいけない。

 

届いた和解案無視しているとどうなる?

最初の和解案は2週間が有効期限とのことだったが、放置していると、また和解案が届いた・・・。

1回や2回ではない、ご丁寧に頻繁に送ってくる。そんなに和解がしたいのか?

すべては、俺のアクションを促すための措置で、和解できたらラッキー、最悪でも時効を食い止めたいという債権者の本音が見え隠れしている。

 

頭に来て「ふざけるな!俺はもう返済しない!郵送してくるな!」なんて電話で言ってしまうと、借金を認めたことになり時効が止まるだろう。