エー・シー・エス債権管理回収(株)は、イオングループの一因です。イオンクレジットサービス株式会社から、債権(お金を取り立てる権利)を譲り受けて、滞納者に対して督促をするのが主な仕事なので、督促電話をかけてきたり、督促ハガキを送ってきたりします。

本物はこんな感じ

 

「債権譲渡先の債権回収会社(サービサー)による架空請求に注意」の記事にも書きましたが、

詐欺を行っている悪質なサービサーもいるので、あわてて電話をしてはいけません。電話をしてしまうと時効がストップしてしまう可能性もありますし、詐欺だった場合に取り返しのつかない事態にもなりかねません。

 

エー・シー・エス債権管理回収(株)から督促される人

・イオンカードで買い物をしている

・イオンデビットカードが残高不足

 

俺の自宅にも、

イオンクレジット株式会社からエー・シー・エス債権管理回収(株)に債権が移ったことを案内する通知が届いた。

もちろん、そのまま無視をしていたら、2ヵ月後くらいに、訴訟等予告通知書が届いた。

内容を読んでみると、

言いたいことは

「返済せよ!さもないと裁判しますよ!」ってことらしい。

訴訟(裁判)という言葉は、ドキっさせる魔法のような言葉だと思う。

エー・シー・エス債権管理回収(株)としては、訴訟等予告通知書を送りつけることによって、滞納者から連絡を取りたいと思っているのだろう。

” 振込み先を教えるから、すぐに振り込め!さもなければ、 0120-671-888 に電話をしろ! ” って書いてあることからも、あわてた滞納者からの電話を電話を待っていることが分かる。

エー・シー・エス債権管理回収(株)からの通知を無視してはいけない人は?

・マイホームがある人

・勤務先がバレている人

・銀行貯金や現金が99万円以上ある人

・生命保険に加入している人

・株を保有している人

・エー・シー・エス債権管理回収(株)から50万円以上の借金をしている人

エー・シー・エス債権管理回収(株)に裁判をされると、滞納者は、ほぼ100%負けます。裁判に負けたあとは、差し押さ手続きに入ります。ドラマなどでは、突然自宅に入られて差し押さえのシール(黄色い紙)をペタペタ張られるシーンがありますが、実際は自宅に来ることはないそうです。

マイホームや給料を差し押さえたほうが、手っ取り早く借金を回収できるから、自宅に押しかける必要がないのです。

エー・シー・エス債権管理回収(株)からの通知を無視しても良い人は?

・マイホーム、現金、貯金、生命保険、株などの財産がない人

財産がない人は、裁判されても没収されるものがないので何も怖くありません。

ただ、裁判で負けると・・・

時効がリセットされしまい、さらに、負けた判決が出た日から10年間に時効が伸びてしまいます。ですから今は財産がなくても、将来的に財産が手に入った場合は、10年以内ならば突然差し押さえを食らう可能性があります。

ってことは、10年以内にマイホームを購入しても、エー・シー・エス債権管理回収(株)に借金を返済をしておかないと、没収されてしまうという事ですね。

親が無くなって遺産相続で、思わぬ大金を手にしたり、運よく宝くじで高額当選したり、先の見えない未来にお金が入ってくるケースもあります。そうなった場合でも差し押さえにビクビクしなけければなりません。

借金のことで悩んでいるなら、弁護士に相談するのが良い?

インターネット上では、エー・シー・エス債権管理回収(株)から督促が届いたら、すぐに弁護士に電話をしたほうが良い!とう情報がたくさんあります。そうは言いましても、日本全国、弁護士はたくさんいますし、評判がよい弁護士を自分で見つけるのも面倒、しかも、自分から電話をするのも心配ですよね?

そんな時は、あなたの借金の解決法を無料で診断してくれるウェブサービスを利用してみるのが良いです。

> こうすれば借金がチャラ、又は半分以下になる!。3つのポイントを紹介

※弁護士の紹介までも無料なので安心です。